部屋に合わせたサイズのラグを

日本人はフローリングの床に直に座ったり、寝転がる文化があるのです。その際に重宝するのがラグなのです。

日本人のライフスタイルにマッチしたラグ

部屋に合わせたサイズのラグを 現代の日本の住宅事情は50年前と大きく様変わりしました。畳敷きやカーペット敷きの床はほとんど影を潜めるようになったのです。現代では多くの住宅でフローリング敷きが採用されているのです。これは完全に日本の住宅事情が欧米化している表れと言えるのです。しかし日本人の住宅の多くがフローリングになったからと言って、チェアーやソファーに腰掛ける生活を送るとも限らないのです。日本人は昔から床に直に座り、座布団などを用いる文化があるのです。椅子やソファーに腰掛けるより、地べたにある座布団に座るほうがリラックスできると言う日本人も少なくありません。

そのため住宅事情がフローリング敷きになっても、床に座ったり寝転がったりする日本人が非常に多いのです。こうした場合に大活躍するのがラグと言う家具なのです。ラグはフリーリングに敷くのに最適なカーペットでもあるのです。ラグには日本人が座ったり、寝転がったりするのに非常に便利なアイテムでもあるのです。しかし頻繁に人間に接触するカーペットでもあるので、そのラグ選びには気をつけなければいけないことがあるのです。それはあまり毛足の長いラグを選ばないと言うことです。毛足が長いラグには人間の垢や毛髪が絡まって蓄積しやすく、ダニやホコリの発生を促すのです。そのことでアレルギーや喘息になる子供も多いので、出来るだけ毛足の短くホコリを山積させにくく掃除しやすいラグを選ぶことが大事なのです。

お役立ち情報